TOP > スポンサー広告 > くすりこわいTOP > 日記 > くすりこわい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気blogランキング
-------- --:--| スポンサー広告 | | Simplism!TOP

くすりこわい

 一番最初に花粉症を発症したのが20年以上前で
 でもお受験だとか舞台ビンボーだとか決算ギャーだとかで
 結局ほとんど病院になんて行っちゃおらなんだ。

 何故か舞台が入っていると花粉症が出なかったり
 ここ数年は友人から紅ふうきなる魔法のお茶を教えてもらったりで
 割とここ一番的な部分はうまいこと回避できていたのもまた事実。

 しかし、しかし今年はついに負けた。
 ライブの予定があるというのに久々の大放出!
 だからその、何かの水の……

 ううぬ、これはもういかん、観念せねばと耳鼻科へ。
 あそこです、以前サイトのブログに書いた
 何故か私の事情を知り尽くしているエスパー先生の。

 「鼻が止まらなくて……」
 「この時期はいつも?」
 「はい……」
 「いつぐらいからかな、20年位前?」
 「ええ? そんなには……」
 (歳を数えてみる)
 「……すみません、そうです、20年くらい前からです」
 「何ヶ月くらい続くかな、5ヶ月くらい?」
 「ええっ?」
 おいおい5ヶ月ってほとんど一年の半分だぞ?
 年末くらいからゴールデンウィーク……って5ヶ月だよ!!
 「は、はい。よく考えたらそのくらいです」
 相変わらず快調に知り尽くしていやがる。

 しかしガバッと口を開いて喉を見せると先生「あららー!」
 どうやら尋常でないほど喉が腫れていたらしい。
 何でこれで普通に喋れるの、喉痛くないのと呆れられる始末。

 そりゃあなあ、あんだけ歌ってりゃあ喉も腫れるわ。
 しかも最近いい具合に味が出てきて、できたら放っておいて欲しいところ。

 「これだけ喉腫れてるとなるとねぇ……風邪も引いてるね。先に風邪を治しちゃおう」
 いや、喉はいいから鼻止めてよ……
 「だめだよ、どうせまたライブとかするんじゃない? 声でなくなったらどうするの」
 何で知ってる!
 「とりあえず抗生物質と、喉の粘膜を保護する薬と、解熱剤……これ一応アレルギーにも効くから」
 一応ヤダー!それメインにしてー!
 「風邪引くといつもどのくらいで治る? 結構長引くほうでしょ。一週間くらいかな?」
 そんなかかんないって! 3日、いや5日……あれ、やっぱ一週間くらい?
 「はい……いや、5日くらい!」
 「はいはい、5日ね。じゃあ、一週間分出しとくから、その頃また見せに来てね」
 くそう……いなされた……

 しかしこの先生、人のことを見抜いているくせに割とヤブ。
 家について早速もらった薬を飲んだらだんだん具合が悪くなり
 どうにも耐えられずに布団に入って熱を測ったら38度5分。
 あのー……解熱剤と書かれたもの飲んだら熱出てきやがりました先生。

 それでもきっとこれはつまりタイミングってやつよとひたすら信じて薬を飲み続けること3日。
 身体のあちこちに深刻なバグが!
 (詳しく書くと食欲を失くす上に、ある程度仲良くしてくれている人が私を病院に担ぎ込むために山梨まで来ちゃう可能性があるので割愛)

 結局「やばいかも、死ぬかも」とひそかに思い悩みながら「いのちだいじに」モードに切り替え早半月。
 一番青ざめた症状は落ち着いてホッとした矢先、今朝から何とも耐え難い頭痛が!
 本当にどうしようもない、ものすごく痛い!
 でも薬怖い、飲みたくない、もうあんな目に遭うのいやじゃ!
 ああだけど、明日は歌のレッスンだし、さすがにこの鼻模様で歌えないからやっぱり鼻炎薬飲まにゃいかん。
 明日鼻炎薬飲むならなおさら今日の頭痛薬はダメだ、怖い、怖すぎる!
 でも頭痛いー! 誰かタスケテー!

 それでも一番いい方法はちゃんとわかってんだ。
 明日のレッスンは休んで市立病院でここ半月に起こった異変を洗いざらい白状し、
 ちゃんと検査をしてもらって然るべき処置をしてもらうこと。

 わかってるけどそんなことできてたら私ゃもうちょっと手堅い人生を送ってただろうねぇ。
■コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
■トラックバック
トラックバックURL:
http://mimawakana.blog60.fc2.com/tb.php/290-a5c74b8a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。