TOP > スポンサー広告 > ウッチー??TOP > 日記 > ウッチー??

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気blogランキング
-------- --:--| スポンサー広告 | | Simplism!TOP

ウッチー??

 6という数で構成されたグループはどうも必ずひとつはスコンと抜けてしまい
 例えば六大学だったら東大、慶応、早稲田、明治、立教までは出てくるものの
 あとひとつがどうにも思い出せない。
 六歌仙だったら康秀のおっちゃんがいつも抜けるし、六家だったら常に名家が落ちる。
 ……うん、今調べてきた。ごめんね、法政大学の皆さん。

 その罠に力いっぱいはまるのがV6。
 この6人の名前を一度にソラで言えた記憶がない。

 順番的には岡田君が好きなのでまず彼の名前から始まり
 続いてリーダーはやっぱりリーダーなので坂本君が登場する。
 全盛期にはとことん目立ちまくっていた森田君もすぐに出る。
 ここでとりあえず半分言えたと安堵し、数秒休む。

 ここまでの方々は何というかキャラが濃い。わたし的に。
 というわけで薄い……薄い……の哀しいキーワードで現れるのが三宅君。
 さんざんな言いようではあるが、あの困ったような笑顔は大好きである。

 ……と、唐突にウルトラマン80のテーマと共に長野君が降臨する。
 彼が演っていたのは80ではなくティガか何かだと思うが残念ながら見たことはない。
 私の中でウルトラマンといえば80なのである。

 さて。ここからである。
 実は本日も残りひとりのミスターXを力いっぱい忘れて30分ほど悩んだ。

 結婚してからこのやり取りは軽く見積もっても30回は繰り返しているためか
 ダンナは呆れた顔で「いい加減覚えてやれよ、可愛そうだろ」
 どうやら彼は覚えているらしい。
 覚えはしないがいい加減飽きたのでとっとと教えろと訴えると
 妻の痴呆防止のためか、ヒントを与えてきた。
 「名前で思い出そうとするな。アイツはニックネームの方が一般的だ」

 ニックネーム……
 そのとき私の頭にホワンと浮かんだ単語。

 「”ウッチー”みたいな?」

 『みたい』というのは別にウッチーという知り合いがいるわけではなく
 「語感が似てますか」という意味に過ぎない。
 このやりとりでは常套句であるが、大抵的が外れている。
 通天閣の上で待ち構えている金ぺかのグレたキューピーみたいな
 あの神様の名前がどうにも思い出せず(注・ビリケンさん)
 「”おしゃまんべ”みたいな?」などと口走ったり
 シルベスタ・スタローンの名前を忘れて
 「”ジョン・トラボルタ”みたいな?」とほざいてみたりするのである。

 しかしこの”ウッチー”はそれらに比べると多少マシだったらしく
 ダンナは「なんだ、思い出してんじゃん」と。

 ……ウッチー、ではない。そんなヤツはV6にはおらん。
 恐らくネタだと思われているのだろう。
 でもまてよ、ウッチーで「思い出してんじゃん」なら通称はともかく
 本当の名前のほうはウッチーと呼ばれ得る名前に違いない。

 「うち、だ……うち、やま……うち、がみ……」

 その様子に「こりゃマジだ」と判断したのか
 ダンナは慌てて「内○」じゃない、と訂正。
 さらに「○○ッチ」だ、と大サービスのヒントをくれた。

 「すごいいい人っぽい感じの人だよね。あんまりジャニっぽくない感じの」
 「それ以前にアイドルっぽくはないな……」
 「結婚したときにさ、コンサートでノロケ話してファンにひかれたのあの人だよね」
 「どうしてそこまで思い出して名前が思い出せないんだ!」
 「いや。以上の話を総合して、わたし的には……

  イワッチ!!

  ……合ってる?」

 「……何を総合したらそんな上手な間違い方ができるんだ、お前」
 「”い”だと思うのよ、”い”。」
 「そんなら本当の名前は何になるわけ?」
 「いわ、た……いわ、くら……ゴツいな……いし、だ……いけ、だ……いがらし、いがくら」
 「お前、もしかしたらアイツの名前知らないんじゃないか?」
 「そんなことは……ある、かも?」
 「そのやり方だと絶対出てこないよ。そうそうある名前じゃないし」
 「いのうえ……いの……あっ!! いのはらだ! イノッチだ!」

 下の名前は素で知りませんでした。
 井ノ原さん、ファンの皆さんごめんなさい。

 よくよく考えたら6人組でなくてもタノキントリオではよっちゃんの存在を認識してなかったし
 男闘呼組でも高橋君はなかなか出てこない。
 古過ぎるとか言わない!
 KAT-TUNや関ジャニ∞に至っては全滅もいいところなんだ!
 タッキー&翼以降、私は諦めたっ!!

 要するにはジャニ好きだからって詳しいとは限らない、というお話でした。
■コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
■トラックバック
トラックバックURL:
http://mimawakana.blog60.fc2.com/tb.php/179-5f0d60e1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。