TOP > 2007年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気blogランキング
-------- --:--| スポンサー広告 | | Simplism!TOP

「若菜の」闘病記

 日曜の夜から頭が痛いと言い出したダンナ。
 私がタバコを吸い過ぎるから空気が悪くなり
 結果としてダンナの頭が痛くなるのだと。
 ……いつもは全然平気な顔してるくせに。

 仕方がないから換気扇の下で吸うものの(それでも吸う)
 頭痛は一向に治らず……ほら、やっぱり私のせいじゃないじゃん。

 次の朝起きたダンナは何やら様子が変。
 ふと気付いて見る度、ものすごい苦悶の表情。
 「どうしたの?」聞いても何でもないと。
 もしや妖邪界に捕らわれた征士や伸の苦悶の表情がたまらん!!
 力説していたからサービスしているつもりなのだろうか。
 ……などと、まあそんなことは有り得んが
 3次元の男がそんな顔してても鬱陶しいだけなので聞いてみる。

 「痔にでもなったの?」

 とんでもない汚名をきせられそうになった彼は素直に白状。
 喉が痛いのだと。

 「頭と喉が痛いなら風邪ね。寝なさい」
 「やだ。熱はない」
 「測ってみなきゃわからないでしょ」
 「自分の身体のことは自分が一番良くわかる」

 この調子で意地でも体温計を脇に挟まず
 面倒くさいので午前中は放し飼い。
 しかしお昼を食べた頃から段々動きが鈍く……。

 「わかった、お昼寝しよう。私も眠たいから、それでいいでしょ?」
 「お前が寝るなら付き合ってやる」

 お前は飛影かと。心の中で突っ込みつつ
 眠くも無いのに布団をひいてしばらく昼寝。←眠れた(笑)
 私はすぐ起きるが、ダンナは夕飯頃まで熟睡。
 起きる頃にはすっかり風邪菌が全身に回ったらしく
 自分から体温計に手を伸ばしたが……
 何故か延々とピピピ、ピピピ、ピピピと鳴り続ける体温計。

 「……何度あったの?」
 「この体温計壊れてる。測るたんびに体温が違う」
 「そう。そんで何度あったの?」
 「1回目が38.3℃、2回目が37.9℃、3回目が38.5℃、4回目が……」

 バカだ。こいつは本気でバカだ。
 ご飯は食べられそうかと聞くと、喉が痛くて唾を飲むのも辛いとか。
 病院に行こうと言っても頑なに拒否。
 仕方がないから薬局に走り、のど飴やらはちみつやら風邪薬やら
 とにかく喉痛に効くと薬剤師に勧められたものを片っ端から購入。
 しかし結果は芳しくなく、お粥すら喉を通らない状態。
 ……もともとお粥嫌いだからそれもあると思うけど……

 そのまま冷えピタつきのダンナは死んだように眠り続け、朝。
 つまり今朝。
 私が布団を畳んでいると、当たり前の様に自分も畳み始めるダンナ。
 無理やり熱を測ると本日も38度越えおめでとう!
 お粥を作るから寝ているように言い、キッチンに入るが
 何やら隙間風がひゅうひゅうと。
 今日は冷えるなぁ、ダンナ布団掛けてるかなと覗いてみると
 部屋中の窓という窓を全部開けっぱなしにし、Tシャツ一枚で
 フローリングの上にのびているアホひとり。

 「……何しとん」
 「暑い……」

 有無を言わさず布団で簀巻きにし、10秒毎に行動チェック。
 お粥を半泣きで食べつつ、喉スプレーなら効くかもと呟くダンナ。
 いいから病院に行こうと言うが断固として拒否。
 再び薬局に走る妻の鑑←言ってろ

 「……何しとん」

 帰ってきた私が再びドスをきかせた声を出すと
 幻想水滸伝に勤しんでいたダンナは真剣な顔で
 探偵が仲間になってくれないのだと苦労を語り始める。
 ぶちりと電源を落とすと、セーブしていなかったダンナは
 悲痛な叫びを上げる。知ったことではない。
 シュパシュパと喉スプレーを吹き掛け、再び眠りにつく。
 ああ、やっとのんびりできる……。

 が、2時間ほどして目覚めたダンナは喉スプレーを掴んでひとこと。

 「これ効かない」
 「だって、これ薬剤師さんが勧めてくれたんだよ」
 「これウェルシアじゃん。
  ウェルシアの店員はウェルシアを勧めるに決まってるじゃん」

 ……うむ、そりゃそうだ。確かに妙に安かった。
 仕方がないので再び薬局へ。
 今度は有名メーカーのスプレーやトローチを買って帰宅。
 再び風通しのいい部屋で涼んでいるバカダンナ。

 「……飲み干せ」
 「ええっ、スプレーでしょこれ!?」

 自分で分かる。黒いのが降りてきたな、と。
 ああ、彼がいたらあのヤバい薬を作ってもらって
 一気におとなしくさせるのに。
 今ほどあなたを愛しく思ったことはないわ、蔵馬。
 ※注:これでも蔵馬サイト管理人の言葉です

 リクエストされたプリンやら缶詰やらを食べさせると
 今度はおとなしく布団に入るダンナ。
 はあ、やっと病人らしくなってくれた……
 安堵しつつ入浴していると、バスルームのドアの向こうで
 ガタガタと物音が。

 「……ノゾム(仮名)ちゃん?」
 「ねえねえ若菜ちゃん、一緒に入っていい?」
 「はっ!?」

 慌てて湯船から飛び出し、バスルームのドアをバシリと押さえる。

 「バッカじゃないの?熱あるんでしょう?おとなしく寝てなさい!」
 「だって昨日もお風呂入ってないし
  若菜ちゃんが布団巻きつけるから汗かいて気持ち悪い」
 「我慢しなさいよ!それがイヤだったら病院行けっ!!」
 「開けて~!オレもう服脱いでるんだよ、風邪ひくよ」
 「ひいとるやんけこのアホタレっ!!」

 バスルームの扉を隔て、裸で攻防戦を繰り広げる夫婦。
 下手なAVよりもよっぽど面白い光景である。色気はないが。
 結局身体が濡れていた私がだんだん寒くなって湯船に戻り
 その隙にダンナはシャワーを浴びてご機嫌で出て行った次第。

 ちなみにお風呂から出た後
 日曜の夜から薬局に支払った額を計算してみた。
 行ったついでに日用品を買ったりしてはいるものの
 合計金額一万円近く……!
 おとなしく昨日病院に行っていてくれたら
 1/10くらいで済んだのではないだろうか。
 どうして男ってのはこう病院嫌いでバカなのだろうか。


 しかし逆の立場だった場合
 私もダンナと似たような行動をとる可能性は充分にある。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。